Just another WordPress site

補助金を有効活用

会社設立の際には補助金を有効活用しよう

会社設立の際にはとにかくお金が必要です。
極端な話ですが最高に有能な人材がいて、最高の経営プランがあり、間違いなく今後利益を出せる会社であっても手元にお金がなくては事業を始めることはできません。

そのため多くの会社設立の際には設立直後から経営をスタートできるように銀行などから融資を受けるわけですが、しかし銀行融資は後々の返済がかなり重い負担となります。
ですから会社設立の際にはより会社経営を楽にできる「助成金」を確認することがベストなのです。
ではそもそも補助金とは何かというと、これは国や地方自治体が、それぞれの利益のために会社に対して融資するために用意されているお金のことです。

例えばこれから設立される会社が国に対して莫大な利益をもたらすことがわかっている、しかし金銭面の問題があってそれを行うことが出来ないというようであれば国は融資をしてでも事業をしてもらおうと思うはずです。
これを現実的に可能のものとしたのが補助金であり、原則として返済不要のものとしてお金を工面してもらうことが出来るようになっています。

会社設立の際には「条件が厳しいのでは」と思われることもあるのですが、実際にはそうでもありません。
もちろん補助金は事前に組まれた予算の中から配分されますので融資希望者が多い場合はもらえない可能性がありますし、そもそも融資条件を満たしていない場合には融資をしてもらうことができません。
ですが現在では多種多様な制度が用意されていますから、むしろあらゆる条件を満たさない会社設立の方が難しいと言って過言ではありません。

選ばれない可能性があるからという理由で申請を拒否するという判断も妥当ではありませんから、現実的には多くの会社設立のケースにおいて補助金制度が利用されているのです。
さて、しかし少々注意が必要なのが、この補助金は原則として後払いだということです。
例えば創業に必要となった金銭の2/3を融資してもらえる制度を利用するという場合にはまず創業を完了させて、いくら必要だったのかということを明らかにした上で補助を受けるようにしなくてはなりません。

従って「手元に一円もないけれど補助を受けて無料で会社設立をしよう」ということは限りなく困難なわけです。
これは限られた予算の中から必要なだけの金銭のみを支払うことでより多くの会社を制度対象にするためという目的のほか、制度の悪用を防ぐための予防策でもありますので特別扱いを期待することは出来ないでしょう。

また事業計画や実際の支払額などに関してどんぶり勘定を認めない厳格な書類管理が求められますので、そうした管理も必要だとして事前に把握しておくことが必要です。
こうした点に関して興味があるようであれば、会社設立に関する専門知識を有する税理士や社会保険労務士などに確認をしてみることもお勧めします。