Just another WordPress site

固定電話

会社設立には固定電話が必要になります

最近はスマートフォンなどの通信機器の普及によって、一般家庭では固定電話を持たない家庭が増えています。一般家庭ではなくても問題はありませんが、会社設立をする時には、固定電話は必ず必要になります。

会社設立をする時には、都市銀行や地方銀行などの金融機関で、法人口座の開設をすることが必要になります。最近は法人口座の開設の要件が非常に厳しくなってきており、固定電話がないと法人口座を開設することはできません。

法人口座を開設できなければ、銀行取引をすることができないため、実質的には会社を経営することは不可能になります。最近は仕事でもスマートフォンや電子メールが主要な通信手段になっていますが、固定電話がない会社は、信用力がないと判断されるため、商取引をすることが不可能になります。

固定電話を持つためには、加入権に加入することが必要になります。本来であれば加入権は36000円程度しますが、加入権の売買を行っている業者を利用すると、5000円から10000円程度で加入権を取得することができます。

加入権を取得するためには、実在する会社であることが必要です。バーチャルオフィスでは、加入権を取得することができないので注意が必要です。電話加入権の売買を行っている業者は、ネット通販でも加入権の販売を行っています。必要書類をFAXや電子メールで送ることによって、簡単に購入することができます。

会社設立の代行を行っている業者の中には、サービスの一環として、加入権の販売を行っている場合があります。わざわざ他の業者に頼まなくても加入権を購入することができるのでとても便利です。申請書類の作成も業者が行ってくれるので、面倒なことをしなくても加入権を取得できます。

会社設立の代行を行っている業者は、会社の印鑑やパソコンなどのオフィス用品の販売を行っている場合があります。会社設立の代行を行っている業者は、電話加入権の取得の代行などの、会社設立に必要なあらゆることに対応しています。株式会社を設立する時には、23万円前後で全ての作業を代行してもらうことができます。

会社設立は、税理士や行政書士、司法書士などの専門家も代行業務を行っています。開業資金にするため、助成金や融資を受けたい場合には、税理士に依頼することが適しています。税理士は事業計画書の作成もしてくれますので、融資が受けやすくなります。

とにかく安く会社を設立したい時には、行政書士に頼むと格安料金で会社を設立できます。