Just another WordPress site

一人でも設立!

一人でも株式会社は設立できる!

かつて株式会社を設立するには資本金1000万円以上が必要で、取締役を三名、監査役を一名置かねばならないという決まりがありました。そのため家族の名義だけ借りて、会社設立の登記をすることも珍しくありませんでした。しかし現在では法律が改正され、一人でも株式会社が設立できるようになっています。一人の会社としては合同会社のほうが簡単で、費用も安くなるというメリットがあります。

しかし合同会社は制定されてから日が浅く、取引先の信用を十分には得られない場合があります。株式会社という名前があれば、社会的な信用は得やすくなります。設立にあたっては、まず商号や本店所在地を決定します。商号には必ず「株式会社」という文字を含んでいなければなりません。かなや漢字のほか、ローマ字を使用することもできます。ただし他社と同じ商号を同じ本店所在地で使用することはできません。次に会社の目的を設定します。

事業を拡大する予定があるなら、それも含めておくことが大切です。資本金の要件は廃止され、現在では1円でも設立できますが、登記簿は誰でも見ることができます。資本金1円の会社では、おそらく取引先に信用されないでしょう。一人の会社でも、その点には注意する必要があります。一人会社でも株式の発行は必須です。一株あたりの発行価額、および発行株数を決定しなければなりません。発行価額に株数を掛けたものが資本金になりますが、全部を資本に繰り入れる必要はなく、半分を資本準備金とすることができます。

また株式は譲渡制限つきにしなければなりません。譲渡制限は定款に記載することで効力を発揮します。株式会社には取締役が一名以上必要です。一人会社の場合は、何の問題もなく選任できます。三名以上の取締役がいれば、取締役会を設置することも可能です。しかし当面は関係ないことで、事業が拡大してから考えれば良いでしょう。どうせ一人なら個人事業主でも変わらないという考え方もありますが、株式会社にすれば多くの企業と取り引きするチャンスが生まれ、事業拡大への大きなステップになります。また個人の所得と会社の収入を上手に振り分けることで、合法的に節税することが可能です。ほかにも必要経費とされる枠が拡大するなど、会社組織ならではのメリットが数多く存在します。もちろん設立には費用がかかりますし、社会保険料や法人税の負担が増える点はデメリットです。こうした長所や短所を考え合わせ、さらに事業の将来に対するビジョンを踏まえて、適切な経営形態を選ぶのが大切です。